「蒼柴の杜(あおしのもり)」

アクセスカウンタ

zoom RSS 相模川水系の河原に咲くカワラノギク

<<   作成日時 : 2016/10/28 12:09   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

カワラノギク(河原野菊)は絶滅危惧種で、今では生育できる環境が悪化し、保護している所でないと見れなくなりました。10月末は例年だと満開なのですがまだ3分咲きで、今年は開花が遅れているようです。
画像
(カワラノギク)

画像 画像
(まだ三分咲きでした)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
相模川系も開発が進みカワラノギクも生える事が難しくなって来たのでしょうか?
細い花弁が魅力的です。
一昨日は朝、圏央道狭山から富士山の初雪をみました。そのあと北条氏の拠点を見る頃には富士山も雲隠れ堂ヶ島からも見る事が出来ず日頃の心掛けの悪さを痛感しました。
信徳
2016/10/28 10:59
信徳さん、こんばんは。
水害がなくなり河原は石の上に土が積もってます。
表面の土が流されるような環境でないと、カワラノギクは生えてきません。
昨年までの場所は、ほとんど生えてなく、カワラノギクを守っているNPOが近くに新しい場所を作ってました。
富士山の初冠雪がみえましたか。
北条氏の拠点というから柏崎かと思いました。
通ったのは小田原なんですね。
越後の北条(きたじょう)氏は厩橋城の城主は知っていたのですが、晩年は大胡城主だったんですね。
寅太
2016/10/28 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
相模川水系の河原に咲くカワラノギク 「蒼柴の杜(あおしのもり)」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる