アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「できごと」のブログ記事

みんなの「できごと」ブログ


長岡城「御三階」の復元模型

2016/11/02 02:46
9月の北の旅の途中で、牧野家資料館に寄りました。目的は最近できた長岡城「御三階(おさんかい)」の復元模型を見ることでした。
江戸時代も初期を過ぎると武家諸法度により一国一城令や天守建築は原則として禁止され、三階櫓などが天守の代用となりました。長岡城も例外ではなく、御三階が天守に相当していたと伝わります。
長岡城を描いた風景画などを参考にして、縮尺30分の1の大きさで復元模型を造りました。幻の長岡城の姿がまた一つ明らかになりました。
牧野家と家臣が前橋市大胡から新潟県上越市長峰を経由して長岡に移ってきたのは1618年でした。2年後の2018年には長岡開府400年となり開府400年祭が予定されていますが、この御三階の復元もその一環です。
画像
(復元された長岡城の御三階)

画像 画像
(牧野家資料館とともにできた長岡城の忠実な模型)

画像
(人物などかなり精巧にできています)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2


富士山の初冠雪

2016/10/26 08:04
今朝、気象庁が富士山に初冠雪があったと発表しました。
ムラサキセンブリ(紫千振)をすでにアップしたのですが、画像を差し替えました。家の近くの多摩丘陵から見た富士山です。
画像
(初冠雪の富士山)
記事へナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0


雅楽演奏

2013/04/20 18:27
皇居にて宮内庁式部職楽部による雅楽を鑑賞しました。
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2011年米百俵まつり

2011/10/17 09:52
本年度の米百俵まつりが10月8日(日)に、長岡市の中心街で開催されました。市民約500人が扮する時代行列が、米百俵まつりの呼び物です。
今回は年末に公開を控える映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六」で、五十六の側近を演じる俳優の吉田栄作さんが、映画で着用した白い軍服姿で登場し、観客の拍手を浴びました。
画像は馬上姿も凛々しい、第17代長岡藩ご当主の牧野忠昌さまです。

画像
(馬上は旧長岡藩ご当主牧野忠昌さま) 



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


奥州からのうれしい便り

2011/06/13 10:48
東日本大震災の被災地の奥州市に知人がいますが、地震の後に現地で手に入りにくかった電池やホッカイロなどの雑貨を送りました。現地への郵パックも最寄の数少ない郵便局留まりで、受け取りにも苦労されたと思います。
本日、思わぬ宅配便が届き、うれしくて撮影させていただきました。もちろん被災地への物資の送付ですから、お礼など予想もしていませんでしたが、岩手の名産の数々を見ますと、うれしくなってきました。奥州市は内陸とはいえ、半壊だったとのことで、一日も早い復興をお祈り致します。

画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成23年度招魂社祭開催

2011/05/20 23:51
本年度の招魂社祭が5月15日(日)に、蒼柴神社の招魂社で行われました。今年も全国から多数の参加があり、おごそかの中にも盛大に取り行われました。
引き続き参集殿にて、柏友会の総会があり、佐藤守会長の挨拶に続き、名誉会長の旧長岡藩主牧野忠昌様、名誉顧問の旧三根山藩主牧野忠由様のご挨拶がありました。
今回の記念講話は、北海道教育大学の小川和也先生の「長岡藩の学問と藩政改革−『御家』の思想と秋山景山」でした。
その後直会に移り、牧野忠昌様の乾杯により、参加者の懇親を深め、来年の再会を願って散会となりました。

画像



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


東北関東大震災

2011/03/18 05:51
大震災お見舞い申しあげます

地震の終息と被災地の一日も早い復旧を祈ります。

    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


越後長岡藩抱え屋敷

2010/11/01 00:26
建設中の東京スカイツリーは、高尾山からは新宿副都心の高層ビルの上に見える。スカイツリーの建設地の墨田区を調べていたら、偶然にも旧長岡藩の抱え屋敷があることがわかった。すでに江戸の長岡藩の藩邸として、上屋敷、中屋敷、下屋敷について述べてきた。スカイツリーの建設地から500mも離れていない所に、長岡藩の縁の屋敷があったのには驚かされた。
整然と区画整理が行われた向島3丁目で、都立本所高校の西側だけが複雑に湾曲しているのは、抱え屋敷が存在して名残りであろう。
抱え屋敷の付近を歩いたのは、先日の10月25日のことであるが、屋敷跡地からスカイツリーを撮ったが、その日の午前にスカイツリーの本体部分が最高点に達したことがわかったのは家に戻ってからのことである。
抱え屋敷の地形調査で偶然撮ったスカイツリーは、「長岡藩抱え屋敷」にまとめた。2012年の春にスカイツリーは完成するが、展望台から抱え屋敷跡を見るのが楽しみである。

画像
(都立本所高校の西に長岡藩抱え屋敷、右下に建設中の東京スカイツリー) 

画像 画像
(江戸切絵図に長岡藩牧野備中守) (スカイツリーの本体部分が最高位に) 



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


牧野家ゆかりの雛人形

2010/02/28 10:17
数年前から「越後長岡ひなものがたり」が開催されていますが、発端は牧野家のひな人形が栃尾で発見されたことに始まります。
越後長岡藩の藩主は優れた殿さまが多いのですが、その中でも幕末3代の藩主忠雅、忠恭、忠訓は明君として知られています。今年の大河ドラマ「龍馬伝」の中でも、若い筆頭老中阿部正弘を助ける、海防掛老中の牧野忠雅の字幕が時々でてきます。
忠雅の養嗣子忠恭の正室とう姫さまが、つね姫さまの初節句に、とう姫さまの実家の遠州掛川藩太田資始(太田道灌の子孫)から、お祝いのひな人形が贈られてきました。数奇な運命を辿ったひな人形は、栃尾の瑞雲寺に舞い戻り、つね姫さまのひな人形とわかり、公開されることになりました。
越後長岡ひなものがたりでは、牧野家のひな人形を中心に、市内各所で各種のひなが展示され、規模も年々大きくなっています。そこに今回は、「喜内様阿福様の像」が加わったことになります。喜内様(後の三代将軍家光)の母の桂昌院は本庄家の出身ですが、このひな人形で遊んだつね姫さまの夫となる忠訓を、丹後宮津藩本庄家から迎えるのも、歴史の不思議なところであります。

画像
(越後長岡ひなものがたりの中心は牧野家のひな人形)

画像 画像
(牧野家のひな人形のいわれ)

画像 画像
(喜内様阿福様の像の隣に牧野家のひな人形)

ひな人形は有名な江戸人形師の名人二代目仲秀英(なかしゅうえい)の作で、秀英は人形師の最高位を極めますが、39歳で亡くなったことで、秀英のひな人形はとても少ないと言われています。太田家がつね姫の誕生を祝い、当時の最高位の人形師に造らせたのが伝わってきます。
牧野家のひな人形は、五人囃子はいますが、三人官女や随身(右大臣、左大臣)はありませんが、家紋の入った膳揃え、駕籠、鏡などの品が充実しています。名人仲秀英による人形の端正な顔立ちと、五人囃子や雛道具の数々をご覧下さい。

画像画像
(牧野家の雛人形。クリックで拡大できます)

ひな飾りで男雛をどちら側におくか議論になることがありますが、向って右が京都古式で、東京では昭和天皇の即位式にならって左側にならべるようになりました。牧野家の男雛は、古式に則り右に置かれています。
下の画像は長岡市内で見たひな人形です。三人官女、五人囃子、随身、三歌人など、牧野家の落ち着いた雰囲気と違った華やかさがあります。

画像 画像

画像 画像

画像 画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


喜内様阿福様の木像が長岡に

2010/02/27 15:33
早春の長岡の行事としまして、「越後長岡ひなものがたり」が風物詩となりつつあります。特に今年は、牧野忠昌さまの古希と若殿牧野忠慈さまの成人の慶事に合わせ、信州小諸から左甚五郎作と伝わる「喜内様阿福様」が長岡にやってきました。喜内(きだい)様は後の3代将軍家光で、阿福(おふく)様は春日局であります。将軍家光が、乳母春日局の慈愛と功績を忘れないために、時の名工「左甚五郎」に彫らせ、そばに置いたと言われます。
門外不出と言われ、小諸を離れるのは極めて異例のことで、長岡市と小諸市の関係が、今後深まりそうな出来事であります。開幕式には牧野忠昌さまご夫妻、旧三根山藩牧野忠由さま、森民夫長岡市長、小諸市の関係者などが多数参加されました。
5代将軍綱吉の父は家光、母は公家の本庄氏から側室となった「お玉(後の桂昌院」であります。春日局と桂昌院の権力は極めて高く、本庄家も大名に取り立てられ松平姓を許されました。家光はこの大切な像を桂昌院にお与えになり、桂昌院は実家である本庄家の康重が小諸牧野家に養子になった時に像を持たせたと伝わります。
将軍綱吉と牧野康重は従兄弟の間になりますので、小諸藩は石高が少ないのですが由緒ある家とされています。
幕末動乱期に長岡藩の舵取りをする当主牧野忠訓が、本庄家から養子に迎えられるのも歴史の不思議なところでありましょう。
「越後長岡ひなものがたり」には、幕末の長岡藩主牧野忠恭公の奥方とう姫が、つね姫(後の忠訓の奥方)を生んだことを祝い、実家の掛川藩太田資始(すけとも)から贈られた雛が展示されています。有名な人形師仲秀英(なかしゅうえい)の作品ですが、雛祭りが近づいたらブログに載せたいと思います。
喜内様阿福様の画像は使用を禁じます。なお、全ての画像品質は落としています)

画像
(信州小諸藩牧野家門外不出の左甚五郎作「喜内様阿福様」の像)

画像 画像
(ご挨拶と経緯を説明される牧野忠昌さまと発表会場)

画像
(信州小諸藩牧野家の人形について)

画像 画像
(徳川家と小諸牧野家の系図と春日局)

画像 画像
(喜内様の後の三代将軍家光と阿福様の春日局)

画像 画像
(長岡市内の越後長岡ひなまつりの展示)




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
長岡でお祝いの催し
長岡でお祝いの催し 平成22年2月19日、雪まだ深い越後長岡で、めでたい催しがありました。金峯神社桃生保男宮司の一級昇進、それと牧野家のご当主牧野忠昌さまの古希と若殿忠慈さまの成人のお祝いであります。 金峯神社は和銅2年(709)に、元明天皇の勅願により北国鎮護に、大和国吉野の金峯山本堂からの分祀した歴史を持ち、牧野家とも関係が深い由緒ある神社であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/20 13:38
鳩山内閣発足
鳩山内閣発足 昨日、16日に召集された特別国会の首相指名選挙で、第93代首相に民主党の鳩山由紀夫代表が選ばれ、民主党、社民党、国民新党による鳩山連立内閣が発足した。ただちに組閣に入ったが、選ばれた大臣の顔ぶれを見ると、自民党の年功序列の大臣とは違い、その分野のスペシャリストを配置した重厚な内閣が誕生したように思う。 日が改まる頃から各大臣の記者会見が行われたが、官僚の用意したメモを読み上げる従来の大臣ではなく、自分の言葉で話す新鮮さに、全大臣の会見を聞いてしまった。 鳩山由紀夫の強いリーダシップと、新設さ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/09/17 14:20

トップへ | みんなの「できごと」ブログ

「蒼柴の杜(あおしのもり)」 できごとのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる