アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「復興」のブログ記事

みんなの「復興」ブログ


長岡城「御三階」の復元模型

2016/11/02 02:46
9月の北の旅の途中で、牧野家資料館に寄りました。目的は最近できた長岡城「御三階(おさんかい)」の復元模型を見ることでした。
江戸時代も初期を過ぎると武家諸法度により一国一城令や天守建築は原則として禁止され、三階櫓などが天守の代用となりました。長岡城も例外ではなく、御三階が天守に相当していたと伝わります。
長岡城を描いた風景画などを参考にして、縮尺30分の1の大きさで復元模型を造りました。幻の長岡城の姿がまた一つ明らかになりました。
牧野家と家臣が前橋市大胡から新潟県上越市長峰を経由して長岡に移ってきたのは1618年でした。2年後の2018年には長岡開府400年となり開府400年祭が予定されていますが、この御三階の復元もその一環です。
画像
(復元された長岡城の御三階)

画像 画像
(牧野家資料館とともにできた長岡城の忠実な模型)

画像
(人物などかなり精巧にできています)
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2


2015年米百俵まつり時代行列

2015/11/05 06:07
2015年米百俵まつり時代行列
画像
(米百俵まつり時代行列:長岡市2015.10)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2015年謹賀新年

2014/12/30 06:45
謹賀新年

中越地震から11回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


衣紋道の見学

2014/12/13 23:18
束帯などの着装する技術を衣紋と呼びますが、平安時代からこの伝統は山科流と高倉流として引き継がれています。
画像
(衣紋道の見学:霞会館2014.12.13)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中越地震から10年

2014/10/23 06:04
長岡城本丸跡
画像
(長岡駅は長岡城本丸跡)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年米百俵まつり時代行列

2014/10/04 17:08
米百俵まつり時代行列
画像
(米百俵まつり時代行列:長岡市2014.10.04)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年招魂社祭

2014/05/18 17:07
招魂社祭
画像
(招魂社祭:長岡市2014.05.18)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年謹賀新年

2013/12/30 09:50
謹賀新年

中越地震から10回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2013年謹賀新年

2012/12/31 15:53
謹賀新年

中越地震から9回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像


記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1


2012年謹賀新年

2011/12/31 01:01
謹賀新年

中越地震から8回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


タイトル 日 時
原発避難想定区域
原発避難想定区域 10月23日の中越地震の7周年を前にした21日の新潟日報に、驚くような原発防災地域案が載っていました。原子力安全委員会の事務局が、作業部会に示しました。これによると、原発の半径約5キロ圏内は、予防防護措置区域(PAZ)で、特定の事故発生で直ちに避難する区域。約30キロ圏内は緊急防護措置区域(UPZ)で、避難、屋外退避の準備をする区域で、これには長岡市がほとんど入ります。さらに約50キロ圏内が放射性よう素剤配備などの準備をする区域で、新潟県の主要都市がほとんど入ります。 いま、東京電力の電気料の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/23 14:53
奥州からのうれしい便り
奥州からのうれしい便り 東日本大震災の被災地の奥州市に知人がいますが、地震の後に現地で手に入りにくかった電池やホッカイロなどの雑貨を送りました。現地への郵パックも最寄の数少ない郵便局留まりで、受け取りにも苦労されたと思います。 本日、思わぬ宅配便が届き、うれしくて撮影させていただきました。もちろん被災地への物資の送付ですから、お礼など予想もしていませんでしたが、岩手の名産の数々を見ますと、うれしくなってきました。奥州市は内陸とはいえ、半壊だったとのことで、一日も早い復興をお祈り致します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 10:48
中越地震から6年を迎えました
中越地震から6年を迎えました 10月23日がやってきましたが、今年は中越地震から6年目になります。 新聞でも中越各地区の報道してますが、年々記事が小さくなっています。特に朝日新聞は紙面を探さないとわからないほどの取り扱いになっています。 こんな中で毎日新聞は24日の朝刊1面に、「3000本の祈り」として、山古志の追悼式の模様を報道しています。 各社共通の記事は、妙見(榎峠)の土砂崩れのなかから、奇跡的に生還した皆川優太君がすくすくと育っていると報じています。当時2歳だった優太君も8歳になり、小学校3年の活発な少年となっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/23 12:00
中越地震5周年
中越地震5周年 平成16年10月23日の新潟県中越地震から、本日で5周年である。犠牲者68人、住宅被害約12万棟という大きな災害であった。被災地では5年の節目の年に、各種行事を開催し、復興と未来への決意を新たにすることであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/23 01:05
平成の政権交代
平成の政権交代 昨夜の衆議院議員選挙の結果は、民主党が480議席の308議席を確保し、歴史に残る圧勝であった。 衝撃的な結果であるが、国民が冷静に受け止めているのは、4年前の「郵政選挙」を経験したからかも知れない。小選挙区は国民の民意が、選挙の結果に直接現れる。前回は大勢の小泉チルドレンを生んだが、チルドレンはどこかに消えて、今回は民主党に100名もの新人議員を誕生させることになった。 国政に民意が素早く反映するのはよいが、多数の未熟な新人に国政を任せる恐さがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/31 14:31
日本文理が準優勝
日本文理が準優勝 今年は年末まで大きな事件はなく、このブログの更新はないと思っていたが、野球の後進県の新潟で、高校野球の話題が突如浮上した。 新潟県代表の日本文理高校が、あれよあれよと思っているうちに、全国4千余校の最後の試合になる決勝戦に進んだのである。 結果は10対9の僅差の惜敗となったが、近年まれに見る好ゲームであった。 9回2アウト3塁1塁からの打球は、痛烈な3塁ライナーでゲームセット、真紅の大優勝旗が三国を越えることはなかった。 日本文理の甲子園メンバーには、2007年7月の中越沖地震の震源地で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/26 14:01
中越地震から4年が経ちました
中越地震から4年が経ちました 10月23日、本日で中越地震から4年が経過しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/23 13:44
四川大地震の救援隊に思う
地震発生から100時間近く経過し、生存の望みが極めて少なくなった時点での、日本からの救助隊の出発であった。 やはり生存者の救出は難しく、現地での隊員の苛立ちが見えるようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/17 18:11
明けましておまでとうございます
明けましておまでとうございます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/31 18:43
中越地震3周年
中越地震3周年 死者68人、家屋損壊約13万戸の被害を出した中越地震からきょうで3年が経過した。奇跡的な救出ができた長岡市妙見町など各所で追悼式が開かれた。 ピーク時には約3千世帯だった仮設住宅の入居者も、9月末には139世帯368人とのことで、年内には全員が退去するとのことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/23 17:11
山古志の避難指示全面解除
山古志の避難指示全面解除   中越地震で最後まで継続していた旧山古志村5集落(現長岡市)に対する避難指示が、4月1日午前9時に解除された。 ヘリコプターによる全村避難から、実に約2年5カ月ぶりのことである。報道によれば対象となるのは141世帯416人だが、そのうち帰村を希望する世帯は、約半数の73世帯にとどまるとのことで、中越地震の傷跡の深さをあらためてうかがわせる。 それに先立つ3月24日には、土砂崩落で不通となっていた妙見の県道(旧国道17号)が復旧し、長岡と小千谷を結び山古志へ通ずる大動脈がつながった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/03 16:37
河井継之助の見果てぬ夢(その1)
河井継之助の見果てぬ夢(その1)  ホームページのアクセスが増えてきたときには何かのイベントがあることが多い。今回は週刊朝日の11月17日号に「河井継之助の見果てぬ夢」が掲載された。 連載週刊「司馬遼太郎」の38回目からは「『峠』の世界が」始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/16 15:27
幕末維新祭り
幕末維新祭り  毎年10月第4土曜・日曜にかけて、東京都世田谷区若林の松陰神社を中心に萩・世田谷幕末維新祭りが開催されている。 若林の松陰神社は文久3年(1863)、高杉晋作らが刑死した吉田松陰を、小塚原回向院からこの地に埋葬したことに始まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/30 22:41
中越地震から2年
中越地震から2年  10月23日は中越地震から2年目だというのに、新聞各社の扱いも小さくなった。各紙とも旧山古志村の記事を少しのせる程度で、あたかも山古志だけが被災地の局地的な出来事のように取り上げ、他地区が置き忘れられ風化してしまう心配がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/23 10:52
北信越大会で日本文理が優勝
北信越大会で日本文理が優勝  北信越高校野球大会で新潟県の日本文理高校が優勝した。 新潟県勢が北信越を制するのは昭和32年(1957)年の新潟商業以来49年ぶりというから、県の高校野球を知る人には記憶にもないような歴史的な出来事である。 これで日本文理は2年連続して、春の連続選抜大会出場が確実となった。これは県勢初のことらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/17 16:01
慈眼寺「会見の間」の復旧なる
慈眼寺「会見の間」の復旧なる  慶応4年(1868)5月2日、長岡藩軍事総督河井継之助と新政府軍軍監岩村精一郎が和平をかけて、小千谷・慈眼寺で会談した。 2人が会談した「会見の間」は中越地震で壊滅的な被害に遭い心配されていたが、檀家と全国の司馬遼太郎の「峠」ファンなどが支援し、9月18日に大般若法要を行い、この日をもって復旧とした。 「会見の間」は被災前の旧観通りに復旧できたことは誠に喜ばしい。 御礼文と復旧後の写真をごらん下さい。 (写真は会見の間) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/30 22:46
「悠」の文字と悠久
「悠」の文字と悠久  9月6日、秋篠宮家に待望の長男が生まれた。皇室の男児誕生は41年ぶりのことで、女性、女系天皇を認めようとする皇室典範改正で、国会や世論が二分される中で、皇位継承順位3位の男児誕生は久々の朗報である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 17:10
片貝まつり
片貝まつり  9月9日と10日は片貝まつりである。近郊の秋祭りが農作業や帰省客のことを考え、8月のお盆のころに動かしたところも多いが、片貝まつりは昔からこの日である。 この日になると遠くはなれていても、四尺玉が無事揚がったか気になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/10 11:59
国道291号が復旧
国道291号が復旧  中越地震で寸断されていた旧山古志村(現長岡市)の国道291号線が、9月3日に1年10ヶ月ぶりに全線開通した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/04 15:27
長岡復興、不死鳥のごとく
長岡復興、不死鳥のごとく  長岡市の信濃川河川敷で今年も超大型スターマイン「フェニックス」が打ち上げられた。 戊辰戦争、太平洋戦争、そして昨年からは中越地震の復興を祈念し、市民の願いと決意が夜空を彩る。        長岡復興フェニックス ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/04 10:57
奥の細道「越後路」
奥の細道「越後路」  きょうは七夕である。 残念ながら東京はくもりで、星はまったく見えない。 芭蕉が越後路を歩いたのは、ちょうどこのころであった。 高田で七夕にかかわる良く知られた句を残している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/07 19:53
ホタルブクロとヤマホタルブクロの見分け方
ホタルブクロとヤマホタルブクロの見分け方 「蒼柴の杜」の姉妹版「寅太の山野草」で、ホタルブクロとヤマホタルブクロの見分け方の質問がありました。 ブログとはいえ、質問も鋭くなってきました。 いままで寅太は、花の付け根のがくの部分に注目し、がくとがくの間に反り返った付属片があるかどうかで判別していました。 反った付属片がついているのが「ホタルブクロ」、付属片がないのが「ヤマホタルブクロ」だと思っています。 自宅のホタルブクロは、中越地震よりはるか前に、実家の山で採ったものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/07/03 12:10
新潟地震のこと
新潟地震のこと  6月16日は新潟地震の発生した日である。 もう42年前の遠い昔のできごと になってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/16 13:27
妙見崩落箇所の復旧
妙見崩落箇所の復旧  県道小千谷長岡線(旧国道17号線)、長岡市妙見町の崩落箇所の復旧が急ピッチで進んでいる。 来年3月には開通の見込みとなっている。浦柄や山古志の住民にとっては生活道路であり、1日も早い復興を望みたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/15 15:42
朝日山古戦場の復興
朝日山古戦場の復興  6月10日と11日に小千谷市の浦柄にある朝日山古戦場の整備を行ったようだ。 全国からボランティアが入り、総勢180人にのぼったとのことである。 本来の朝日山山頂への道は中越地震で大きく崩れたので、旧道が急遽復活することになった。 今回はこの旧道と看板の整備が中心だったようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/12 11:22
悠久山で招魂社祭
悠久山で招魂社祭 長岡城が落城した5月19日に最も近い日曜日ということで、今年は22日に恒例の招魂祭が開催された。 招魂社は蒼柴神社の左奥にあり、戊辰戦争と西南戦争で戦没した霊が祀ってある。 今年は旧長岡藩主の17代当主の牧野忠昌さまご夫妻に加え、昨年末に元服されたご子息牧野忠慈さまがご出席された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/11 20:37
横田早紀江さん大統領と面会
横田早紀江さん大統領と面会  拉致被害者の横田めぐみさんの母親、早紀江さんがブッシュ大統領と面会した。ホワイトハウスの大統領執務室で紀江さんが、「お忙しいのにありがとうございます」とあいさつ。 これに対し大統領は「人間の尊厳と自由について話せないほど忙しくありません」と応じ、拉致被害者救出の象徴の「ブルーリボン」のバッジを自らの背広の左胸につけた。 せつぜつと訴える母親の気持ちが伝わってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/01 17:09
坂戸の慈眼寺から震災復興のエール
坂戸の慈眼寺から震災復興のエール  坂戸市に慈眼寺という寺がある。 寺の境内には樹齢200年のしだれ桜の巨木があり、市の天然記念物に指定されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/02 19:29
河井継之助の改革
河井継之助の改革  第18代中村勘三郎襲名記念の大型時 代劇「河井継之助ー駆け抜けた蒼龍ー」 が、日本テレビで放映された。 2時間半で継之助の人生を演じるのは難 しく、主演の勘三郎も時間が足りなかった としきりに反省していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/11 22:30

トップへ | みんなの「復興」ブログ

「蒼柴の杜(あおしのもり)」 復興のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる