アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「蒼柴の杜」のブログ記事

みんなの「蒼柴の杜」ブログ


米百俵

2016/11/22 00:18
本日pm10時から、NHK・Eテレ「知恵泉」で「米百俵」が放映されます。
画像
(米百俵の小林虎三郎)


また本日からブログは姉妹版の寅太の山野草に戻ります。


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


NHK・Eテレ「知恵泉」で「米百俵」

2016/11/17 06:12
NHK・Eテレ「知恵泉」11月22日(火)pm10時から「米百俵」が放映されます。
2013年度の「知恵泉」河井継之助に続き、継之助のライバル小林虎三郎が取り上げられます。
小泉首相の所信表明演説以来の久々の全国ネットでの登場です。
米百俵は山本有三の原作ですが、久しぶりに 「米百俵」執筆の地(三鷹市)を訪れたくなりました。

画像 画像
(長岡市の米百俵の群像と米百俵まつり)

画像
(おまけは自宅のイトラッキョウ)
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


2015年米百俵まつり時代行列

2015/11/05 06:07
2015年米百俵まつり時代行列
画像
(米百俵まつり時代行列:長岡市2015.10)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2015年謹賀新年

2014/12/30 06:45
謹賀新年

中越地震から11回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2014年謹賀新年

2013/12/30 09:50
謹賀新年

中越地震から10回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雅楽演奏

2013/04/20 18:27
皇居にて宮内庁式部職楽部による雅楽を鑑賞しました。
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2013年度招魂社祭

2013/04/19 18:26
2013年度の招魂社祭が長岡市悠久山で行われました。
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2013年謹賀新年

2012/12/31 15:53
謹賀新年

中越地震から9回目の正月を迎えました。

みなさまのご健康とご多幸をお祈り致します。    寅太


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

(新しい年もホームページとブログを訪問していただきたいと願っております)

画像


記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1


戦火をくぐった「五間梯子」の肩章

2012/02/07 15:49
長岡藩の歴史について、東京地区で語り合う史談会の集まりがあります。先日は新潟市から飛び込みで、Mさんが参加されました。ご先祖は戊辰戦争で西軍と戦い、特に長岡藩の軍資金の記録を、事細かに記録していました。
河井継之助は負傷した体を、担架に乗せられ、八十里越を、只見に落ちのびました。
それと前後するように、もう一つの担架に、長岡藩の秀才と言われた渡辺進が乗っていました。新潟から持ち込んだ古文書には、渡辺進の文字は読み取れますが、その場での解読はできませんでした。
Mさんは古文書とともに、長岡藩の藩旗の「五間梯子」の肩章を持参されました。長岡城の攻防戦、八十里越そして会津戦争の、戦火を潜り抜けた肩章に、参加者はじっと見つめました。
画像
(長岡藩の「五間梯子」の肩章) 


(姉妹版)中越地震復興「寅太の山野草」

(ホームページ)慈眼寺のホームページ“管理人のひとりごと”

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


平成23年度招魂社祭開催

2011/05/20 23:51
本年度の招魂社祭が5月15日(日)に、蒼柴神社の招魂社で行われました。今年も全国から多数の参加があり、おごそかの中にも盛大に取り行われました。
引き続き参集殿にて、柏友会の総会があり、佐藤守会長の挨拶に続き、名誉会長の旧長岡藩主牧野忠昌様、名誉顧問の旧三根山藩主牧野忠由様のご挨拶がありました。
今回の記念講話は、北海道教育大学の小川和也先生の「長岡藩の学問と藩政改革−『御家』の思想と秋山景山」でした。
その後直会に移り、牧野忠昌様の乾杯により、参加者の懇親を深め、来年の再会を願って散会となりました。

画像



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


タイトル 日 時
2011年謹賀新年
2011年謹賀新年 謹賀新年 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/30 18:08
長岡でお祝いの催し
長岡でお祝いの催し 平成22年2月19日、雪まだ深い越後長岡で、めでたい催しがありました。金峯神社桃生保男宮司の一級昇進、それと牧野家のご当主牧野忠昌さまの古希と若殿忠慈さまの成人のお祝いであります。 金峯神社は和銅2年(709)に、元明天皇の勅願により北国鎮護に、大和国吉野の金峯山本堂からの分祀した歴史を持ち、牧野家とも関係が深い由緒ある神社であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/20 13:38
2010年謹賀新年
2010年謹賀新年 謹賀新年 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/30 23:37
第8回全国藩校サミットin長岡
第8回全国藩校サミットin長岡 第8回全国藩校サミットin長岡の、講演会は長岡市立劇場で、徳川宗家徳川恒孝さまご列席のもとで、越後長岡藩牧野忠昌大会実行委員長の挨拶で始まった。越後長岡藩の藩校は「崇徳館(そうとくかん)」で、河井継之助や小林虎三郎らが学んだ。崇徳館と米百俵の流れをくんだ長岡高校からは山本五十六など、多くの人材を輩出している。長岡藩ご当主の牧野さまが、名誉職でない大会実行委員長を、自ら務めるのも異例のことである。これは「常在戦場」の長岡藩らしい人選で、大会開催に当たり実行委員長は、頻繁に東京と長岡を往復された。参... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/25 11:22
平成21年の招魂社祭
平成21年の招魂社祭 今年の招魂社祭が長岡市悠久山の、蒼柴神社に隣接する招魂社でしめやかに行われた。戊辰から140年、長岡藩士の末裔とそれにゆかりのある者の集まりの柏友会が中心になり、づっと続けてきた。長岡城が最初に落城した5月19日に合わせるように、全国から集まってくる。 中越地震から4年が経過し、参道の蛇橋は復旧したが、まだ良く見れば地震のつめ跡は各所に残っている。 招魂社祭の神事の間は、どうしたことか毎年のように雨が降り出す。戦場に散った長岡戦士の涙なのだろうか。 友藩の会津からは、毎年のように関係者が参... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/24 17:55
20009年謹賀新年
20009年謹賀新年 謹賀新年 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/01 01:01
中越地震から4年が経ちました
中越地震から4年が経ちました 10月23日、本日で中越地震から4年が経過しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/23 13:44
中越地震から2年
中越地震から2年  10月23日は中越地震から2年目だというのに、新聞各社の扱いも小さくなった。各紙とも旧山古志村の記事を少しのせる程度で、あたかも山古志だけが被災地の局地的な出来事のように取り上げ、他地区が置き忘れられ風化してしまう心配がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/23 10:52
「悠」の文字と悠久
「悠」の文字と悠久  9月6日、秋篠宮家に待望の長男が生まれた。皇室の男児誕生は41年ぶりのことで、女性、女系天皇を認めようとする皇室典範改正で、国会や世論が二分される中で、皇位継承順位3位の男児誕生は久々の朗報である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/13 17:10
悠久山で招魂社祭
悠久山で招魂社祭 長岡城が落城した5月19日に最も近い日曜日ということで、今年は22日に恒例の招魂祭が開催された。 招魂社は蒼柴神社の左奥にあり、戊辰戦争と西南戦争で戦没した霊が祀ってある。 今年は旧長岡藩主の17代当主の牧野忠昌さまご夫妻に加え、昨年末に元服されたご子息牧野忠慈さまがご出席された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/11 20:37
忠犬“しろ”のものがたり
忠犬“しろ”のものがたり   中興の名君として知られている三代藩主牧野忠辰は、中沢村の庄屋善兵衛から大きくて勇敢な白い犬を譲り受けた。忠辰が参勤交代で江戸に赴くと、“しろ”と名づけられたこの賢い犬は新しい主人の後を追った。 忠辰はことのほか喜び“しろ”を可愛がった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/01 11:20
慈眼寺のホームページと蒼柴の杜
慈眼寺のホームページと蒼柴の杜 小千谷市と長岡市には戊辰の史蹟がたくさんある。貴重な史蹟の大半が今回の中越地震で大きな被害を受けている。当初、国や自治体の支援で復興するものと考えていたが、多くの善意の義援金でしか復興が不可能であることを知った。ひとりでも多くの人に知っていただきたいと思い、本プログを立ち上げることになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/01/09 16:16

トップへ | みんなの「蒼柴の杜」ブログ

「蒼柴の杜(あおしのもり)」 蒼柴の杜のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる