米百俵

本日pm10時から、NHK・Eテレ「知恵泉」で「米百俵」が放映されます。
画像
(米百俵の小林虎三郎)


また本日からブログは姉妹版の寅太の山野草に戻ります。


多摩丘陵の晩秋の花(8)

画像
(ニラがまだ残ってました)

画像 画像
(ミゾソバとヤノネグサ)

画像 画像
(コケオトギリとエダウチスズメノトウガラシ)

画像
(おまけはツマグロヒョウモン)


NHK Eテレ「知恵泉」11月22日(火)pm10~で、米百俵が放映されます。

NHK・Eテレ「知恵泉」で「米百俵」

NHK・Eテレ「知恵泉」11月22日(火)pm10時から「米百俵」が放映されます。
2013年度の「知恵泉」河井継之助に続き、継之助のライバル小林虎三郎が取り上げられます。
小泉首相の所信表明演説以来の久々の全国ネットでの登場です。
米百俵は山本有三の原作ですが、久しぶりに 「米百俵」執筆の地(三鷹市)を訪れたくなりました。

画像 画像
(長岡市の米百俵の群像と米百俵まつり)

画像
(おまけは自宅のイトラッキョウ)

多摩丘陵の晩秋の花(6)

画像
(イヌタデ別名アカマンマです)

画像 画像
(ホトケノザとヤクシソウ)

画像 画像
(カラタチバナとシロミタチバナの実)

画像
(ビナンカズラの実)


NHK Eテレ「知恵泉」11月22日(火)pm10~で、米百俵が放映されます。

高尾山の晩秋の花(8)

【リンドウ】
リンドウ(竜胆)の開花は、天候に微妙に影響します。陽が当たらないと閉じたままで、今年は何回も空振りをしました。
やっときのうよく開いたリンドウと会うことができました。
画像
(晩秋の陽を受け全開のリンドウ)

画像 画像

画像
(盗掘などで高尾山のリンドウも少なくなりました)

高尾山の晩秋の花(6)

【キジョラン】
綿毛の付いた種が飛ぶ季節になりましたが、オオカモメヅル(大鴎蔓)、スズサイコ(鈴柴胡)とくれば、期待はキジョラン(鬼女蘭)の果実です。
画像
(キジョランの種が飛ぶ季節になりました)

画像 画像

画像

多摩丘陵の晩秋の花(1)

姉妹版「寅太の山野草」は現在休止中ですが、gooで面白いのは過去の記事を含めて人気の記事がでてくることです。久しぶりに2012年春の放浪記(その7)外山脩造が出てきました。
テレビや雑誌などで紹介されると、検索エンジンに引っかかるのでしょうか、すぐに順位に反応します。
画像
(トネアザミ)

画像 画像
(ノハラアザミとクルマアザミ)

画像 画像
(カラスウリとスズメウリ)

画像
(マヤラン)

高尾山の晩秋の花(2)

キジョラン(鬼女蘭)の葉の上に綿毛が付いた種が1個ありましたが、綿毛を飛ばした実は見つかりませんでした。
画像
(ツルリンドウ)

画像 画像
(クサギとゴンズイ)

画像 画像
(キジョランはもう少しです)

画像
(クルマアザミ)

長岡城「御三階」の復元模型

9月の北の旅の途中で、牧野家資料館に寄りました。目的は最近できた長岡城「御三階(おさんかい)」の復元模型を見ることでした。
江戸時代も初期を過ぎると武家諸法度により一国一城令や天守建築は原則として禁止され、三階櫓などが天守の代用となりました。長岡城も例外ではなく、御三階が天守に相当していたと伝わります。
長岡城を描いた風景画などを参考にして、縮尺30分の1の大きさで復元模型を造りました。幻の長岡城の姿がまた一つ明らかになりました。
牧野家と家臣が前橋市大胡から新潟県上越市長峰を経由して長岡に移ってきたのは1618年でした。2年後の2018年には長岡開府400年となり開府400年祭が予定されていますが、この御三階の復元もその一環です。
画像
(復元された長岡城の御三階)

画像 画像
(牧野家資料館とともにできた長岡城の忠実な模型)

画像
(人物などかなり精巧にできています)

高尾山の秋の花(3)

【キッコウハグマ】
キッコウハグマ(亀甲白熊)はあまりにも小さな花で、撮影していると不思議そうに聞かれることがあります。今回も何人のも質問されました。
1週間前にはたった2輪でしたが、今回はたくさん咲いていました。でもキッコウハグマは閉鎖花が多く、高尾山をあまり訪れない人には幻の花です。
画像
(5mmほどの小さな花です)

画像 画像
(よく見ると3個の小花の集まりです)

画像

富士山の初冠雪

今朝、気象庁が富士山に初冠雪があったと発表しました。
ムラサキセンブリ(紫千振)をすでにアップしたのですが、画像を差し替えました。家の近くの多摩丘陵から見た富士山です。
画像
(初冠雪の富士山)

高尾山の秋の花(2)

【センブリ】
高尾山ではセンブリ(千振)が満開です。一丁平でムラサキセンブリ(紫千振)を見たのは2010年ですから、もう6年も前になるのですが、高尾山のどこかに生えているのではと、いつもはかない期待を持って散策しています。
画像
(センブリが満開です)

画像 画像
(4弁の花もかなりあります)

高尾山の秋の花(1)

姉妹版の「寅太の山野草」の状態が思わしくありません。しばらくはほとんど冬眠状態にあった「蒼柴の杜(あおしのもり」で急場をしのぎたいと思います。
高尾山ではキッコウハグマ(亀甲白熊)やリンドウ(竜胆)が咲いて、日に日に秋らしくなってきています。
画像
(キッコウハグマ)

画像 画像
(リンドウ)